ここ最近の主婦のわたしの楽しみ。

わたしは30歳になる女性です。わたしは去年、3歳年下の彼と結婚をし、結婚を機に、長年働いてきた保育士の仕事を辞め、家庭に入りました。もともと結婚したらすぐに子どもが好きで、すぐに子どもが欲しいとおもったので、すぐに仕事を辞めました。そしてわたしはすぐに赤ちゃんを授かり、外出はあまりせず、自宅にいることが多くなったのですが…最近、お昼の時間にテレビで何年も前に流行った、韓流ドラマの冬のソナタが再放送されているのです。わたしは当時、母の影響でちらっとみたことはあったのですが、しっかりみたことがなかったので、せっかく再放送されているしと思い、なんとなく、見始めたのですが…すごくハマってしまい。毎日、2話ずつ放送されるのを楽しみに、テレビに釘付け状態で見ています。自宅にいることの多い主婦のわたしにとって、なにもない一日がすごく長かったですが、この冬のソナタのおかげで、とっても良い時間つぶしになっています。
デオプラスラボ プラチナム

やっとツリーを出した。

師走に入り早3日。ようやくツリーを出した。
うちのツリーは、図体ばかり大きい。180センチくらいはあるかな。緑の葉の豊かなモミの木の先端に、大きな金色の星が付いていて、金銀のモールを巻きつける。オーナメントは、ピンクと青のボールだけ。シンプルかつオーソドックスな感じ。
モイストリフトプリュスセラムの専門サイト
このツリーは、三年前に、近所の方がお引越しをする際に、荷物になるし新居は手狭だから、と譲り受けた。だからって我が家がその広いわけでは決してないんだけど。しかも私がズボラだから、それ以来、毎年12月も半ばに差し掛かって、あわててガレージの片隅から運び出されてくる始末。今年の登場はまだ早い方だ。
で、今年は少し、オーナメントを増やすことにした。と言っても、クリスマスショップで煌びやかな飾りを買ってくるのではなくて、手作り。それも、百均ショップで売られていた、色々な手芸キットを使ったもの。ビーズとか、羊毛フェルトとか、クロスステッチとか。最近は、手軽にハンドメイドにチャレンジできるから、こんな私でもそんな女子っぽいことができるのだ。しかしそこはキット。作ったものは、ウサギとか、クマとか、ハート模様の刺繍とか、およそクリスマスとは直接関わりなさそうなものばかりなんだけど。
でも、今年のツリーは、おかげでささやかに賑やかになった。いい感じ。これから、毎年増やしていこうかな。憧れの手芸の腕も、少しは上がるかも?

ゆっびーと野沢

お母さんは大のテレビ好きです。
それほどドラマが好きで、色んなドラマを見ていらっしゃる。

ライブで見られないときは、レコーダーに録画して見ていらっしゃる。

先日、新しく始まるドラマがあって、お母さんが見ていたので、私も一緒に見ました。

産婦人科医のドラマでした。
いつの間にか先日分娩した俺にとっては、何とも身近なトピックでたまたま見入ってしまいました。

分娩は正に神さまですなと思いました。
お母さんは命がけで赤子を産みます。
レッドドラゴンの精力の詳細はこちら

私のお母さんも私のことを命がけで産んでくれたんだなと思うと、産んでくれて有難う。と思います。

分娩情景などもあり、感動して涙しました。

私も、私たちの元に産まれてきてくれたわが子を、神様からの授かりものとして大事に育てたいと思いました。

津川の和音(かずね)

本日は知り合って間もないという訳ではないのですが、身近の方にコスメをサービスしました。もらった瞬間に面持ちで試すという荒スキルをやってのけていました。試されたいずれ「パッチテストした方がいいかも」というお伝えしたのですが、その方の人肌にはどうもマッチしていたようでよかったです。ただし、もらったものをその場で取り扱う女性を通して見ました。この人が受け取るものは、どうしても安全といった保障されているのでしょうか。
 それはそれで信頼の証明的感じがして、困難望ましいためはあるのですが、この子心から大丈夫かと逆に心配になってしまいました。この子の中には、関西の中年の血液が流れているのだなと再び、素晴らしく感じました。
爪水虫の治療方法の専門サイト

東原のちよこ

クリアフットヴェールについて
朝から退屈だったので家族を終えてケータイゲームで遊んでいるって近所の友だちが「しまむらに行くけど一緒に行かない?」ってlineが入った。「出向く!出向く!」と返事して、急いで備えを通じて彼女のアパートに向かいました。彼女はアパートも近所で子供も同じ年頃なので不安など何でもしゃべれる友だちだ。お互いの長男が抗戦期真っ只中。そうして私たちは更年期真っ只中で心からくたびれるわーなんて相談ながらしまむらに到達。子供たちの下着を買いに来たのに「こういう衣裳愛くるしいね~コイツ似合うよ。こっちの方がいいかな。」と言いながら何枚も試着した人類。結局、愛する衣裳が同じで色彩不一致で購入しちゃいました。しかも700円という超有利品でした。「48才という43才の中年がお揃いってどうしてよ~」と言いつつ「お揃い」に互い笑みがこぼれてました。そのあとは食べ放題食事に行き、美味しいものをいっぱい食べて、思う存分しゃべって帰ってきました。今日は彼女のおかげではなはだめっぽう有意義な一年中でした。

逸見でひよ

自分は今どきサウンドネットを見ることにハマってます。
サウンドネットって大勢の色々なグループの動画を見ることができるから飽きないんですよね。
いつの間にか見すぎて、やらなければいけないことを放置してしまう。
もっと見ないぞって決意しても、原則覗いてしまい、ありのまま長時間たってしまうということが多々あります。
もう改心しなければ。
けれども必ずライフスタイルって楽しいことに時を使いたいですよね。おもしろいサウンドがあったらどんどん見ていたいというし、何なら自分でサウンドを出稿して世界中のそれぞれに見てもらいたいって思います。
そのくらいサウンドネットってよろしいサービスを提供していると思います。
私のところ、飽き易いから継続して送信講じるなんてできないと思いますが…。
ですから自分は観戦向け!
一般の人のサウンドとか生放送を見て楽しみます。
送信奴に演説を送って送信奴からリアクションがきた時とか、地味にうれしいんですよね。
あんなちっちゃな面白味があるから、サウンドネットって閉められなくなるんです!